ノンシリコンシャンプーが注目されていますがシリコンは問題ありません。
本当に重要なのは洗浄成分です。

 

シリコンシャンプーは育毛にとって大敵です!!
ノンシリコンは育毛にとってシャンプー選びの基本です!!

このようなキャッチコピーをみますが「シリコン シャンプーは問題ではありません
ノンシリコンシャンプーが注目されてからシリコン = 悪い成分と解釈されていますが
危険なのはシリコンではなく、あくまでも洗浄成分です。

TVやCM・雑誌によって誘導され、ある意味洗脳されている方は特に読んでほしいと思います。
育毛シャンプーでも注目されている「シリコン・ノンシリコンシャンプー」についてお話ししていきます。

 

シリコンは毒性が極めて低い

シャンプーやリンス・トリートに含まれるシリコンの性質や働きについて知っている人は少ないですが
シリコーンは水・熱・電気に対して強く、また成分自体が化学変化せず
酸化・分解しないなど化学的に安定していて、毒性は極めて低い
優秀な成分です。

シャンプーにシリコンを入れる理由は、髪を洗ってる間の指どおいをよくして髪が絡まないようにしたり
艶をだし紫外線から髪を守るなどの働きがあります。

シリコンは毛穴は詰まわせる原因になるので、頭皮や髪のことを考えるならノンシリコンシャンプーが基本です!
と、ネットや口コミサイトで言っているところがあるようですがシリコンは毛穴を塞がないし・詰まることもありません

髪の表面をコーティングしますが、ベッタリとコーティングするわけではなく、網目の粗いガーゼで頭皮を覆うようなイメージです。
なので、空気も水も育毛成分も通すし、ましてや毛穴を塞いだり詰まらせることもありません。
さらに、シリコンは酸化・分解しないなど化学的に安定している上に毒性も低い成分です。

それにも関わらず、シリコンは毛穴を詰まらせるので育毛の敵!育毛の為にはノンシリコンシャンプー選びが基本!
と言われているのは、ネットや口コミサイトで騙されて勘違いしている人の多さの原因でもあり
メーカー側が隠したいシャンプーに含まれる強烈な洗浄成分にあります。

 

 

シリコン = 髪に悪いは勘違い

 

シリコンは頭皮にも髪にも最悪!育毛のためにはノンシリコンシャンプーが基本!
と大々的に謳われていますが、問題なのはシリコンよりもシャンプーに含まれる洗浄成分です。

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸カリウム
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸TEA

上記の成分は・洗浄力・脱脂力ともに強烈で、ラウレス硫酸Naなどは車の洗車液や工業用洗剤に使用される事もあるほど洗浄力が高い。
そんな化学薬品で365日頭皮・髪を洗いつづけていたら・・・考えただけでゾッとします。

ラウレスなどの洗浄成分は、製造コストが安く、また泡立ちや安定性が高いといった利点があるのでほとんどの市販のシャンプーに使われています。
車の洗車液や工業用洗剤に使われる事があるほど洗浄力が強烈な成分で髪を洗えば
洗髪中はギシギシ・ゴワゴワして髪が絡って洗えませんし、洗い上がりの髪はパサパサで頭皮は乾いてガサガサになります

それを抑える為に登場するのが先ほど説明したシリコンなのですが
シリコンは疎水性(そすいせい)のものに優先して吸着する性質があるため、髪を洗っている最中に髪が絡まるのを防いでくれます。
(疎水性とは、水と混ざりにくい性質のことで、髪の表面(キューティクル)がそうです)

洗浄力・脱脂力が強烈な洗浄成分とシリコン、この2つを並べた時に髪や頭皮に対して本当に悪いのはシリコンだと思いますか?
ノンシリコンシャンプーにラウレス系の洗浄成分が含まれていたら髪や頭皮にとって安心・安全と言えません。

ラウレス系の洗浄成分を使っている有名なシャンプー

・パンテーン ・ダヴDOVE ・アジエンス ・SPアフターサンシャンプー ・冷シャンプー ・ウエラ ・ケラスターゼ
・モッズ・ヘア・salaシャンプー ・h&s(エイチアンドエス) ・セグレタ ・ナイーブ ・メリット ・サクセス

 

上記は極一部でまだまだたくさんありますが、中には3,000円近い価格でもラウレス系の洗浄成分を使っているシャンプーがありました。
そのシャンプーの宣伝文句はノンシリコンだから髪にも頭皮にも優しい・・・」洗車液で髪や頭皮を洗う事が優しい・・・?
「消費者 = 成分を知らない・見ない」と、メーカーの利益優先で消費者をバカにしているとしか考えられない。

シリコンは頭皮に悪い!ノンシリコンシャンプーこそ育毛をする上で必須!
といっているのは、TV・CM・雑誌・ネットを使った販売メーカー側のマーケティングによる洗脳でしかありません。

無添加 = 天然成分  と勘違いさせるよう誘導されている事と似ていますが
高級 = 安全・安全  と限らないのが、これもまたメーカー側の販売テクニック。

 

ノンシリコンの裏にあるカラクリ

ノンシリコンシャンプーの価格って高いものが多いですよね。
物によっては、かなり高額なノンシリコンシャンプーもあります。
ここがメーカー側の洗脳とも言える販売戦略

TV・CM・雑誌・ネットを駆使して大々的に「ノンシリコンシャンプー = 頭皮・髪に良い」と浸透させれば
消費者の間で自然と「シリコン入りシャンプー = 頭皮・髪に悪い」へと潜在意識が変わっていきます。

潜在的な意識が変われば、割高なノンシリコンシャンプーが売れるようになる。
売れるようになれば「ノンシリコンシャンプー = 頭皮・髪にいい」がより浸透していく。
消費者は騙され続けて、メーカーだけが特をし続けます。

ラウレス硫酸系の洗浄成分で、頭皮にも髪にも刺激が強く負担の高いノンシリコンシャンプーが多く存在する中
ネットや口コミで、育毛にはノンシリコンシャンプー選びが基本と言っている人達はTV・CM・雑誌に洗脳されているだけです。

頭皮や髪のことを考えるならシリコン・ノンシリコンよりも洗浄成分が問題です。
また、価格が高くてもメーカーの利益が優先された粗悪品シャンプーも存在します。
この2つを押さえて、販売メーカーの洗脳やネット・口コミサイトの無知情報に誘導されないようにしてください。

 

シャンプーボトルに記載されている成分表

シャンプーに含まれる成分について詳しくなくても
どの成分が多く含まれているのか?については判断する事ができます。

シャンプーボトルの裏に書いてある成分表は、多く含まれている成分順に記載するようになっています。
市販のシャンプーに含まれる成分の割合は

  • 水:50~70%
  • 洗浄成分(界面活性剤):30~40%
  • 香料・保存剤:1~3%
  • コンディショニング剤:1~3%

水の次に記載されているのが、洗浄成分になります。(今使っているシャンプーを確認してみて下さい)
水の次に記載されている洗浄成分が、ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naなどである場合そのシャンプーは変えた方が良いです。

シャンプーに含まれる成分について詳しくなくても
なにが・どれくらい配合されているのか?が、大体分かるようになると
頭皮や髪にとって失敗するシャンプーは避けられるようになります。

 

ノンシリコンシャンプーのカラクリ まとめ

育毛にはノンシリコンシャンプーが基本!としているのが、いかに危険であるか分かってもらえたと思います。
頭皮や髪のことを考えるなら、シリコン・ノンシリコン関係なく洗浄成分が重要なので
メーカーの洗脳やネット・口コミなどの勘違い情報に惑わされないようにしてください。

次回は育毛シャンプーの分野でノンシリコンシャンプーと同じように言われている
アミノ酸シャンプーについてお話しします。

アミノ酸シャンプーにもカラクリがあり、粗悪品が存在する事はあまり知られていません。

アミノ酸シャンプーは、髪にも頭皮にも優しくて育毛になるはずが