親父が髪が薄くて、祖父も髪が薄いんです。
だけど、「ひいじいちゃんがハゲてなければ・・・」と思ってたんだけど、ひいじいちゃんもハゲてた。。
まさにハゲのサラブレッドだな・・・

ハゲや薄毛の噂は沢山ありますが「ハゲは遺伝する」も数ある噂の一つですね。
薄毛の原因は一つではありませんが、薄毛の噂にいつまでも惑わされていると
いつまで経っても適切な対処ができませんし、余計なストレスになったりもします。

前回の「筋トレをするとハゲ・薄毛になる?」に引き続き
今回は薄毛の噂解明シリーズ第2弾として「ハゲ・薄毛は遺伝するのか?」についてお話ししていきます。
ハゲ・薄毛は遺伝するなんて誰が言ったんだ。。。

 

ハゲ・薄毛になる原因

ハゲ・薄毛は遺伝すると言われていますが
髪が薄くなる原因は一つではなくさまざまな要因が重なって起こります。
まずは思い当たる点がないかチェックしてみて下さい。

・AGA(男性型脱毛症) ・バランスの悪い食事(髪の栄養不足) ・睡眠不足(髪が育たない)
・不衛生な頭皮環境(細菌繁殖・ダメージ蓄積) ・運動不足(血行不良) ・ストレスの影響
・喫煙(血行不良・DHT増加・血管萎縮) ・肌に合わない育毛剤・シャンプーの使用
・加齢による代謝の低下 ・DHT感受性の高さ

バランスの悪い食事をして、髪にとって必要な栄養素のが不足していれば痩せ細った髪になり
生活習慣が乱れ睡眠不足が続けば、髪が育つ環境がありません。
ハゲ・薄毛になる原因は1つではありません。

ハゲ・薄毛は遺伝する。母方の祖父の髪が薄いと自分も髪が薄くなる
など言われていますが、ハゲ・薄毛は遺伝しません。

 

ハゲは遺伝しない?

ハゲ・薄毛は遺伝すると言われていますが、その要因は二つあります。

  • ハゲ・薄毛になりやすい体質を受け継いでいる
  • DHTの感受性が高い体質を受け継いでいる

ドイツの研究チームが、40歳以前に薄毛になった男性の家計を対象に血液を調査したデータがあります。
「若くして薄毛になった人は、X染色体にあるアンドロゲンの受容体・遺伝子に変異」が確認できたそうです。
そして「突然変異によりアンドロゲンが強くなり、髪が抜けやすくなるのではないか」とされています。

「X染色体は母親からしか受け継がないため、母方の祖父が薄毛なら
自分も薄毛になる遺伝子を持っている可能性が高いといえるかもしれない」
これが、母方の祖父の髪が薄いとハゲの遺伝子を受け継いでいると言われている要因だと思います。

そしてもう一つ、男性特有の薄毛の原因にAGA(男性型脱毛症)があります。
AGAの脱毛原因は、強烈な脱毛指令を出すDHT(ジヒドロテストステロン)が影響し髪が早く抜け落ちる原因になりますが
家系にハゲ・薄毛の親族がいる場合、AGAの脱毛原因であるDHTの影響を受けやすい体質を受け継いでいる可能性があります。

ハゲ・薄毛は遺伝するについてお話ししてきましたが「ハゲ・薄毛は遺伝しません
ハゲや薄毛は遺伝するのでなく、あくまでも「ハゲ・薄毛になりやすい体質」を受け継いでいるだけです。

ハゲ・薄毛の親族がいなかったとしても、乱れた食生活や不規則な生活習慣を続けて
髪の栄養が摂れていない・髪が育つ時間が足りなければ、髪が薄くなる可能性は十分にあります。

 

薄毛の改善は健康な身体があってこそ

薄毛の改善をしようと髪にとって良い事をするのは、健康な身体を手に入れることに繋がります。
つまり身体のことを考えて取る行動や生活することが、結果的に薄毛の改善につながります。

生え際の後退や頭頂部 薄毛から復活する為に、育毛剤などのアイテムも効果がありますが
その前に、身体にとっても髪にとっても必要な栄養を補い・質の高い睡眠を心がけるなど
身体にとって大切なことを行ってみて下さい。

できる事から取り入れていく事が薄毛改善までの最短距離ですし
薄毛を改善する知識を沢山手に入れるよりも
薄毛を改善する方法を実践した方が早いです。

何事も同じですが、実際に行動を起こさないと「辛い現実は1ミリも変わりません」からね。

 

母方・父方に薄毛の親族がいて「自分はハゲ・薄毛になりやすい体質を受け継いでいる」
と感じる方は、AGAを改善するおすすめの育毛剤と育毛サプリについてまとめた記事をご覧ください。

ここまで読んだ方なら、薄毛を改善できると思いますし、薄毛を予防することもできると思います。

>>唯一おすすめの育毛剤 厳選2点

>>育毛目的で選ぶ亜鉛配合の育毛サプリ厳選3点