ポラリスNR07はミノキシジル濃度5%ですが
ここではポラリスNR07に含まれている
あまり聞き慣れない成分のアゼライン酸やリンゴポリフェノールなど
育毛・発毛に効果的と言われている成分について解説をしていきます。

 

ポラリスNR07に含まれるアゼライン酸

アゼライン酸とは、ジカルボン酸の一種で小麦やライ麦、大麦などの穀物に含まれてる成分です。
日本ではアゼライン酸は未だ認可されていませんが、アメリカや欧州などの海外では
アゼライン酸はニキビ治療薬として古くから使われています。

このアゼライン酸の働きには
・皮脂の分泌を抑える・抗酸化作用・活性酸素を抑えるなどがありますが

特筆すべきアゼライン酸には5αリダクターゼの抑制に効果があるとされている点です。
特に1型5αリダクターゼの抑制に効果があるとされています。
生え際の後退や頭頂部 薄毛などAGAが薄毛の原因の場合は脱毛を減らす働きをします。
AGAとは?」「1型・2型5αリダクターゼを抑制する成分

 

ポラリスNR07に配合されているアップルポリフェノール

アップルポリフェノールとは、プロアントシアニジン、プロシア二ジン、カテキン、エピカテキン
など様々なポリフェノールが含まれた総称を指しています。

ポリフェノールは緑茶や赤ワインに多く含まれている事でも有名な成分ですが
りんごにもポリフェノールが沢山含まれていて、りんごに含まれるポリフェノールには
・抗酸化作用抗アレルギー作用・脂肪低減・美白などに効果があることが報告されています。

また、最近の研究では育毛・発毛にも効果があることが分かってきていて
ミノキシジルと類似した働きがあるとされています。
アップルポリフェノールの効能についてはPolaris Research Laboratoriesこちらで詳しく解説されています。

プロアントシアニジンには活性酸素を抑制する効果があります(抗酸化作用)
酸化して発毛サイクルが乱れた頭皮を正常な状態に戻す働きがあり
最近の育毛剤や育毛シャンプーに含まれている事が多い成分です。

 

ポラリスNR07に配合されているリジン

リジンは体内で合成できない9種類の必須アミノ酸の1つで
リジンには、タンパク質吸収の促進・ブドウ糖代謝のカルシウム吸収を促すなどの働きがあります。

リジンは牛乳・チーズ・かつお・鶏肉などに多く含まれる成分ですが
このリジンには男性型脱毛症の改善に効果があるとされていて
ミノキシジルの効果を高める働きがあるとも言われています。

イギリスのバイオサイエンティフィック社が、性別を問わずさまざまな原因の薄毛・抜け毛の治療に
リジンの摂取が有効であることを証明し米国特許を取得しています。

また、研究対象にはAGA(男性型脱毛症)が原因の脱毛要因も含まれていることからも
薄毛・抜け毛の原因に対する広範囲の有効性が期待できます。

 

ポラリスNR07を選ぶ前に

ポラリスNR07に含まれる育毛・発毛に効果があるとされている成分について説明してきました。

ポラリスNR07には、さまざまな成分が配合されていますが一番の目的はミノキシジルにあります。
アゼライン酸・アップルポリフェノール・リジンなど配合されていますが、
これらの成分は普段の食生活を改善するだけで意識的に摂りいれる事が可能です

育毛・発毛に効果があるとされる成分が含まれていると気になりますが
大切なのはミノキシジル育毛剤に含まれている他の成分よりも
自分の肌にあったミノキシジル育毛剤を断続して使い続ける事が大切です。

ポラリスNR07を使うなら

  • すでにミノキシジル育毛剤を断続的に使っていて、
    違う種類のミノキシジル配合育毛剤を試して様子を見たい方
  • 普段の食生活で髪の毛の栄養素が不足しているかもと感じる方

上記にあてはまる場合、ポラリスNR07はお勧めできるミノキシジル育毛剤です。

>>正規のポラリスNR-07[ミノキシジル5%]はこちら

商品価格は輸入時の為替レートによって金額が変わる場合があります。
購入の際はショップの商品ページの価格をチェックしてください。