「ミノキシジルを使って発毛は実感できるのか?」

生え際の後退・頭頂部 薄毛などAGA治療でミノキシジルが使われる事は有名ですが
ミノキシジル育毛剤と、服用するミノキシジル(ミノタブ)があります。

「ミノキシジルを使って発毛を実感した」と言われていますが、ミノキシジルには副作用があり
ミノキシジル育毛剤・ミノタブ別でミノキシジルの使用を避けた方がいい人もいます。

それでは、ミノキシジルの効果と理解しておくべき副作用
そしてミノキシジルの使用を避けた方がいい方についてお話ししていきます。

 

ミノキシジルとは

ミノキシジルは血管拡張剤の一種で、もとは高血圧の治療薬として開発されました。

ミノキシジルを処方した患者の多くに多毛症の副作用が見られたことから
育毛剤への応用が研究され1980年代に世界ではじめてミノキシジルを配合した育毛剤ロゲイン』が販売されました。

現在さまざまな育毛剤が販売されていますが
日本で認可されているミノキシジル配合の育毛剤は大正製薬から発売されているリアップのみです
しかし、リアップ以外の育毛剤が未認可だからと言って育毛・発毛効果がないわけではありません。

特にAGA(男性型脱毛症)の場合ミノキシジル単体で使用しても育毛・発毛を実感する事は難しく
育毛・発毛の準備段階である脱毛原因を取り除いておく必要があります。

 

ミノキシジルの発毛効果

ミノキシジルには発毛効果があると言われていますが
実は現在でもハッキリとした理由がわかっているわけではありません。
しかし、現在2つの仮説が提唱されています。

  • 頭皮の血流を促進し、豊富な栄養を毛根に届ける
  • 成長因子が分泌されることにより血管新生を起こす

1つ目の頭皮の血流を促進し、豊富な栄養が毛根に届けるですが
ミノキシジルは本来、高血圧の治療薬として開発された血管拡張剤の一種であると説明しましたが
血管拡張作用により頭皮への血流が増加し、結果として毛乳頭の毛母細胞活性化に繋がる

2つ目の成長因子が分泌されることにより血管新生を起こすですが
髪の毛が生えていない部分の毛根は、毛細血管からの血流が届かずに休止期に陥っている事が考えられます。
ミノキシジルに塗る、または服用する事によってVEGF(血管内皮増殖因子)という成長因子が働き
血管新生が起こり、髪の毛を蘇らせる作業機序が働くと考えられています。

つまり「今髪の毛が生えていない部分は、血流が滞っていて髪の毛の栄養が送られていない可能性があるが
血管新生が起これば再び髪の毛の栄養を運んであげる事ができるかもしれない」ということです。

上記で説明したように、ミノキシジルの効果は「血管拡張による血流増加」と「血管新生」にあるのではとされています。
(血管新生とは、既存の血管から新たな血管枝が分岐して血管網を構築する生理的現象のことです。)

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジル育毛剤とミノタブでは副作用の危険性が極端に異なりますが
ミノキシジルの副作用については以下の症状が出る可能性があるといわれています。

・頭皮の炎症(かゆみ・発疹・かぶれ) ・初期脱毛 ・血圧の低下・胸の痛み・動悸 ・強い眠気・頭痛
 ・性欲減退・体毛の増加 ・心室肥大 ・心外膜液 ・腎性全身性繊維症 ・高カリウム血症 ・多臓器不全

 

ミノキシジル育毛剤の場合

ミノキシジル育毛剤で最も言われている副作用が頭皮の炎症です。
元々ミノキシジルは強い薬なので、肌に合わなかった場合炎症が起きる事が十分考えられます。
ミノタブに比べると副作用のリスクは少ないですが、大切な頭皮が炎症を起こすことは避けたいリスクです。

 

ミノタブの場合

ミノタブの副作用に関しては以下の事が言われています。
・血圧の低下 ・強い眠気・頭痛 ・性欲減退 ・胸の痛み・動悸 ・体毛の増加 

・心室肥大 ・心外膜液・腎性全身性繊維症 ・高カリウム血症 ・多臓器不全

ミノタブの服用は発毛効果が高いとされていますが、副作用の危険性が高すぎる為当サイトでは勧めていません。
また、ミノタブの副作用の有無に関する口コミは、参考にならず何の役にも立ちませんし
ミノタブの副作用はリスクが高いため、専門外来では日本・海外共にミノタブの処方は行っていません。

 

ミノキシジルの使用を避けた方がいい人は?

ミノキシジルの効果や副作用について話してきました。
それでは、ミノキシジル育毛剤とミノタブ別で
ミノキシジルの使用を避けた方がいい人について説明していきます。

 

ミノキシジル育毛剤の場合

肌が弱い・荒れやすい・敏感肌の方は注意が必要です。

発毛を急ぐあまり、初めから高濃度ミノキシジル育毛剤(10%・15%)を使用する方が稀にいますが
自分の肌の特徴を考えずに高濃度ミノキシジル育毛剤を使った結果、頭皮に炎症が起こり
それでも使い続ける事で炎症が悪化し、発毛どころか逆に抜け毛が増える可能性があります。

自分の肌はどういった特徴があるのか?をシッカリと確認した上で
まずは低濃度のミノキシジルから使用し肌の様子を見ながら
必要であればミノキシジル濃度を上げていく必要があります。

 

ミノタブの場合
  • 高血圧症の治療を受けている・低血圧
  • 循環器系に病気を抱えていた・不安がある
  • 心臓・腎臓・肝臓に疾患がある・不安がある
  • 副作用について少しでも不安のある方

心臓への負担が増えると、胸の痛みや動悸の症状がでる可能性があります。

腎臓が弱まれば体の老廃物を排泄できなくなり血液が汚れ
心室肥大により心臓が大きくなれば不整脈や突然死のリスクが上がります。
血中カリウム濃度が上昇すれば筋力低下だけに限らず不整脈をお越し最悪の場合心停止を招く恐れもあります

すでにミノタブを服用している方に副作用がなかったと言う口コミがあったとしても
自分がミノタブ使った場合の参考になりませんし、役に立ちません。
ミノタブは医師からの処方も行っていないで何かあってもすべて自己責任になります。

 

ミノキシジルだけで発毛を実感する事は難しい

生え際の後退・頭頂部 薄毛の改善にはミノキシジルは外せないアイテムになります。

ですが、一方で「ミノキシジルを使うと発毛が実感できる」と、
まるでミノキシジル育毛剤が魔法のような扱いをされている事がありますが
ミノキシジル育毛剤だけに頼っても発毛は期待できません。

ミノキシジルの働きは、あくまでも「血管拡張による血流増加」と「血管新生」なので
食事などで摂取した髪の毛の栄養素を毛母細胞に届け安くすし
より髪の毛が生えてきやすい環境を整える
ことがミノキシジルを使う目的だからです。

ミノキシジル育毛剤を取り入れて、より効果的な育毛・発毛を促していく為には
髪の毛の栄養素をシッカリと補い、脱毛原因を改善するなど複合的なアプローチが必要です。

 

ミノキシジル育毛剤を使うよりも先に、まずは健康な髪の成長にとってかかせない栄養素が
シッカリと摂れているかチェックしてみて下さい。

髪の成長に欠かせない栄養素をシッカリと補っていることが、育毛・発毛にとって最も重要なポイントです。
個人差はありますが、育毛剤を使うよりも効果を実感できるのが早い場合もあります。

髪の成長に欠かせない3つの栄養素