髪の成長を促す、育毛・発毛のための睡眠はシッカリとれていますか?

育毛剤を使う前に、これが無いと髪が育たないシリーズとして
髪の栄養素である・タンパク質・ビタミン群・亜鉛(ミネラル)についてお話ししました。
髪の栄養が不足している?髪の成長に欠かせない3つの栄養素

今回は、髪の栄養を効果的に取り入れながら
単に睡眠についてではなく「育毛・発毛の為の睡眠」についてお話ししていきます。

 

育毛・発毛の為の睡眠

人間にとってなくてはならない睡眠は「休息・回復・成長」この3つの働きがあります。

髪の毛の成長には、髪の栄養素である・タンパク質・ビタミン・亜鉛が必須であると
髪の成長に欠かせない必須栄養素」でお話ししましたが
もう一つ重要なのが睡眠中に分泌される「成長ホルモンにあります。

成長ホルモンとは文字通り成長を促進させるホルモンで細胞を活性化し
髪だけではなく身体の筋肉や臓器を修復させ成長を促す働きがあります。

成長ホルモンはアミノ酸代謝を促し、タンパク質の合成を促進させる働きがあり
さらに、成長ホルモンには細胞を活性化し新陳代謝を促すので
髪の成長にとっても重要な働きをします。

 

成長ホルモンの分泌が最大になる時間

成長ホルモンの分泌が最大になる時間帯は22時~2時と言われていますが
眠りについてから約1時間ほどで成長ホルモンが分泌され始め
睡眠中は成長ホルモンが分泌され続けます。

特に、深い睡眠を取ればとるほど成長ホルモンの分泌が活発に行われます。

22時~2時の間に睡眠をとっていれらる状態が理想的ですが
育毛・発毛のための睡眠方としては不十分です。

なぜなら、髪にとって必要な栄養素が不足していたら・・・
眠りが浅く質の悪い睡眠をとっていたら・・・

成長ホルモンの分泌とともに
髪の成長を効率的に最大限まで引き出すことはできません。
もったいないですよね。

 

育毛・発毛睡眠の為に避けたい事

 

晩御飯を抜く

これは髪の毛だけでなく身体にもダメージを与えます。
髪の栄養を補うためにも食事はきちんと取りましょう。

 

食べてから直ぐに寝る

人は食べ物の消化に最も体力を使うと説明しましたが
睡眠中に消化を行う行為は胃や臓器が活動し続けることになり深い睡眠ができません。
また消化活動は、睡眠本来の目的である「休息・回復・成長」を妨げます。

 

睡眠前の5時間は極力カフェインを避ける

コーヒーや緑茶などに多く含まれるカフェインの働き
・入眠が困難になる・眠りが浅くなる・中途覚醒の増加
カフェインは体外に排出されるまで5~6時間ほど掛るため
育毛・発毛睡眠をとるには、就寝前にカフェインを摂ることは極力避けるようにしましょう。

 

ふさ式育毛・発毛睡眠

先ほどお話しした、育毛・発毛の為に気をつけたいポイント大切なので抑えておいてください。
髪の毛の成長を促進させる育毛・発毛睡眠の取りかたは

  • 髪の栄養を摂っておく
  • 質のいい深い睡眠を取る

この2つがポイントになります。

 

育毛・発毛睡眠の為に取り入れるポイント

 

タンパク質・ビタミン・亜鉛(ミネラル)を十分に摂っておく

これは髪を作り・成長させるための必須栄養素です。
晩御飯でタンパク質・ビタミン・亜鉛(ミネラル)この3つを意識して摂るようにしましょう。
不足していると感じたらサプリメントで補うようにしてください。

 

睡眠の3時間前に食事を済ませておく

あまり知られていませんが、人が体力を最も使う行為が「食べ物の消化」です。
マラソンやサッカーなど激しいスポーツではなく、食べ物の消化活動に体力を最も使います。
睡眠中に消化活動を行うと体力を使い、深い眠りにつくことが難しくなります。

 

ふさ式睡眠育毛 まとめ

前回紹介した、育毛プロテインと育毛亜鉛サプリを睡眠2時間前くらいに飲んでおくと
髪の栄養がバランスよく摂れるのでより効果的です。

育毛・発毛のための睡眠は、ただ寝ればいいわけではなく
髪の栄養をシッカリと摂って、髪の成長を促す睡眠をしてあげることが大切です。

睡眠を改善することは、育毛剤を使っていない方はもちろん、育毛剤を使っている方はその効果を高める
誰でも簡単にできる育毛・発毛促進方法になります。

 

 髪の毛の栄養素が不足してる?髪の成長に欠かせない3つの栄養素