「筋トレをすると男性ホルモンが増えてハゲる・薄毛になる」

この噂は、半分本当で半分嘘です。

 

筋トレとハゲ・薄毛については様々なことが言われていますが、「筋トレをすると男性ホルモンが増えて薄毛になる」は間違ってないものの正解でもありません。

今回は誰もが聞いたことがある「筋トレをするとハゲる・薄毛になる」の真相についてお話ししていきます。

>>オナニーをするとハゲル?射精は薄毛の原因なのか?

 

筋トレをすると男性ホルモンは増える?

筋トレと男性ホルモンの関係性の前に、まずは男性ホルモンの働きや必要性について知っておく必要があります。

>>男性ホルモンが増えると薄毛になる?ハゲるって本当?

 

男性ホルモン(テストステロン)の分泌は、1日の中で分泌量が変わる日内変動というものがあり、通常は早朝が男性ホルモンの分泌量が高いと言われています。

(朝立ちをするのも、寝ている間に男性ホルモンが分泌されているためです。)

 

男性ホルモンは筋肉や骨格を形成する上で必要なホルモンですが、筋トレをして筋肉に刺激(負荷をかける・乳酸を溜めるなど)を与えるとそれがトリガーとなり、脳が「より多くの男性ホルモンを生成する」よう働きかけます。

この働きによって、筋トレ後は男性ホルモンの分泌量が増えます。

 

ただ、筋トレを行った後に分泌される男性ホルモンは通常、筋肉の回復、増強・肥大に使われるので、

筋トレをする=薄毛になる・ハゲる

というわけではありません。

 

「筋トレをすると薄毛になる」の真実

昔から「筋トレをすると男性ホルモンが増えて薄毛になる」と言われていますが、前の項目でも説明したように、筋トレで男性ホルモンが増えるからといってハゲ・薄毛になるわけではありません。


サッカー選手や野球選手などのプロスポーツ選手は一般人よりも筋力トレーニングを行っていますが、全てのプロスポーツ選手の髪の毛が薄いわけではありませんよね。

 

筋トレで男性ホルモンが増えることが、生え際の後退や頭頂部薄毛の原因ではなく、この場合AGA(男性型脱毛症)の疑いがあります。

AGAについては「AGAとは?」を参照してください。

 

読んでもらうと分かる通り、ハゲ・薄毛の原因は、筋トレをする事で増加する男性ホルモンではなく、男性ホルモンが強烈な脱毛指令を出すDHT(ジヒドロテストステロン)に変化して増えることがハゲ・薄毛の原因です。

 

筋トレをすると薄毛になるは、半分本当で半分嘘

筋トレをすると男性ホルモンの分泌量は増えますが、生え際の後退や頭頂部の薄毛の原因はDHTにあると説明しました。

つまりAGAの疑いがあると、筋トレをして男性ホルモンの分泌が増えるとDHTも増えるので、生え際の後退・頭頂部の薄毛の進行が進む可能性が高くなるわけです。

 

逆にAGAの疑いがない、またはDHTの感受性が低ければ、ゴリゴリのマッチョでもガチムチでもハゲ・薄毛になる可能性は低いです。

「筋トレをすると薄毛になるは、半分本当で半分嘘」と言った理由はここにあります。

 

まとめ

生え際の後退や頭頂部の薄毛は、外見に自信を失うだけでなく、人の視線も気になるものなので「これ以上進行させないようにするには・・・」と深く考えて悩み過ぎてしまいがちです。

筋トレが習慣だったにも関わらず薄毛になる事を気にして、急に筋トレを控える、または辞めると、逆にテストステロンの分泌量が増加するとも言われています。

また、自分はAGAなのか?と確認したい方もいると思います。AGA検査は専門外来や病院で診察を受ける事ができます。

>>AGAカウンセリングを無料で行ってくれる専門外来

 

薄毛の原因や進行を気にし過ぎるのではなく、「適切な対処方法を知り・復活に向けて実践していくこと」が、生え際の後退・頭頂部の薄毛を改善していく確実で近道です。

薄毛の噂解明シリーズ第2弾は「ハゲ・薄毛は遺伝する?」についてお話します。

 

筋トレをしてもハゲたくない方、髪の栄養が不足していると感じる方は、育毛サプリをまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

筋トレをすると、髪の栄養も消費されるので、筋トレをするなら髪の栄養が不足ないようにすることが大切です。

普段の食事がバランスが悪いと感じている方も、髪の栄養をシッカリ補給すると髪と頭皮に良い変化を感じられるようになりますよ。

>>髪の栄養をガッツリ補給!育毛サプリ 比較ランキング