ここでは、フィナステリドの効果や1日の服用量・副作用について説明していきます。

そもそも、5αリダクターゼを抑制するAGA治療薬のフィナステリドとは成分の名前
プロペシア、フィンペシア、プロスカー、フィンカーなど聞いた事があると思いますが
製品名が違うだけで成分はどれも同じフィナステリドです。
(製造元やフィナステリド含有量の違いにより異なる。各製品の詳細は後程説明します)

 

フィナステリドとは?

本来は前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として開発され使用されていた医薬品でしたが
フィナステリドを投与した患者の異常発毛がおきたことから研究が進み
AGA(男性型脱毛症)治療薬として認知され使用されるようになりました。

AGA(男性型脱毛症)を治療していく上でDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出す
5αリダクターゼの抑制を行っていく事が基本で最も重要であり
フィナステリドにはこの5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

しかし、誤解されている方が多いのですが
フィナステリドを服用したからといって髪の毛が生えてくるわけではありません
それを知るにはまず、フィナステリドの効果と使用目的を知っておく必要があります。

 

フィナステリドの効果と使用目的

フィナステリドを服用し5αリダクターゼを抑制したからといって
髪の毛が生えてくるわけではない
と前の項目で説明しましたが

フィナステリドを服用する目的は、AGAによって起こる脱毛原因を遮断して
これ以上髪の毛が抜けるのを防ぐことが目的
であるからです。

AGAによって起こる脱毛原因は、強烈な脱毛指令を出すDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出す
5αリダクターゼを制御する事が基本で最も重要と説明しました。
AGAとは?生え際の後退・頭頂部の薄毛の原因を知ろう

生え際の後退・頭頂部の薄毛の改善・復活を行っていくには
まず脱毛の原因を遮断してこれ以上髪の毛が抜け落ちるのを防ぐ必要があり
育毛・発毛を行っていく上で重要な準備段階になります。

穴のあいたバケツに水を入れ続ける人が多い

生え際の後退や頭頂部の薄毛に悩んでいる方にとって、髪の毛を生やし育てていく事は死活問題なので
育毛・発毛方法ばかりに目がいきがちで、髪の毛が抜け落ちる脱毛原因をおざなりにする傾向が強いですが

髪の毛が成長しきる前に抜け落ちてしまう・健康な髪の毛までも抜け落ちる
脱毛原因を遮断できていなければ、どんなに育毛・発毛効果の高い育毛剤を使い方法を試したところで
穴のあいたバケツに水を入れ続ける事と同じ
意味がありません。

強くシッカリとした髪の毛を発毛させ育てていくには
まずは薄毛・抜け毛の増加につながる脱毛の原因をシッカリと抑え取り除くことが必要です。

 

フィナステリドの服用は1日1mg

AGA(男性型脱毛症)治療の際に推奨されているフィナステリドの服用量は1日1mgです。
他の薬と同じように食後に飲み、服用は1日1mgですが
朝・夕どちらで飲むといった決まりは特にありません。

ちなみに、フィナステリドを1日1mg以上服用しても効果は上がらないと言われています。
またフィナステリドには副作用についても言われているので
安易に1日の目安を超える含有量の服用は禁物です。

 

フィナステリドの副作用

フィナステリドは,AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出す5αリダクターゼを抑制し
これ以上髪の毛が抜ける原因を抑制する事が目的で重要な役割を果たす治療薬ですが
副作用については以下のような事が言われています。特に個人輸入で入手する場合には注意が必要です。

フィナステリドの副作用と注意点

  • 性欲減退・ED(勃起不全)
  • 頭痛・腹痛・胃部不快感
  • 初期脱毛がある場合がある
  • 効果を実感するまで時間がかかる
  • 妊娠中またはその可能性がある女性は錠剤に触れる事も厳禁
  • 個人輸入代行を利用する場合は業者の選び方が重要
  • 保険適用外なので錠剤代金は自己負担

まずフィナステリドの服用によって副作用の症状がでる人は全体の2%
それも比較的軽微な症状が出る可能性があるとされています。

性欲減退や勃起不全がおこる場合があると言われていますが
そもそも現代は男性ホルモンの分泌量が低下しやすいと言われていて
ED(勃起不全)人口の増加・日本人男性の精子量が減少傾向にあると言われています

男性ホルモンについて気になる方は「男性ホルモンとハゲ・薄毛の関係性」を参照してください。

頭痛、腹痛、下痢、胃部不快感といった副作用は個人差があり体質によって異なります。

フィナステリドの服用を開始してから効果を実感できるまで
早い人で3カ月、人によっては1年程
かかる場合がありますが
これはAGAを発症してからの期間やフィナステリドが効きやすい体質・効きにくい体質によって変わります。

女性(特に妊娠中の方)にはフィナステリドに触れさせない・同じ空気を吸わせない事を徹底してください。
胎児に副作用を及ぼし、生まれてくる子供に障害が出る可能性が高まります。

後程説明しますが、フィナステリドが1錠あたり5mg含有されているタイプの
プロスカーやフィンカーなどを服用する場合は錠剤カッターを用いて錠剤を分割して使用します。

この時コーティングが破れてフィナステリドが拡散し周囲の方に影響を及ぼす可能性があるので
近くに女性がいる場合はフィナステリドの取り扱いには細心の注意をしてください。

フィナステリドを個人輸入代行で入手する場合は、悪質な個人輸入代行業者が存在する為
業者選びも重要になってきます。(個人輸入代行業に関しては後程触れます)

フィナステリドは保険適用外なので錠剤代は全額負担になります。
また、個人輸入代行業者を利用してフィナステリドを入手するよりも
クリニックの場合診察料がかかる為、若干金額が高くなります。

フィナステリドの副作用と注意点については以上になりますが
クリニックで処方してもらう・個人輸入代行で入手する場合どちらにしても
フィナステリドの副作用と注意点についてはシッカリと理解しておく必要があります。

 

プロペシア、フィンペシアの名前の違い

フィナステリドの効果・1日の服用量・副作用について説明してきましたが
フィナステリドは成分の名前で製品名はプロペシア、フィンペシア、プロスカー、フィンカー
の4種類が存在し、フィナステリドの含有量や製造元によって名前が違う
1番初めに説明しました。

フィナステリドの製品名プロペシア、フィンペシア、プロスカーはこちらをご覧ください。

>>正規のプロペシア(オーストラリア版)1mgはこちら

 

>>正規のフィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mgはこちら

 

>>正規の[プロスカージェネリック]フィンカー(Fincar)5mgはこちら

 

※製品価格は輸入時の為替レートによって変動する場合もあるので参考までに

プロペシアは特許登録されていた製品名でフィンペシアは特許権消滅後に発売された
ジェネリック医薬品です。

 

どちらも成分や効果はほぼ一緒なので、こだわりがない場合はフィンペシアで充分だと思います。
日本で認可されているのはプロペシアのみで、専門外来(クリニック)で処方される
AGA治療薬はこのプロペシアになります。

プロスカー、フィンカーは価格だけを見比べると魅力的に感じるかもしれませんが
フィナステリド含有量が5mgなので、錠剤カッターで5分割してから服用する事が必要です。

 

また、女性には錠剤を割る際にでる粉に触れる・粉が飛散した空気を吸わせないように
取り扱いと保管には細心の注意が必要です。

プロペシアは割高で、プロスカー、フィンカーは服用前の手間や取り扱いに気をつかうため
料金が安く服用方法も簡単なプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアを
個人輸入で購入して服用する人が増えています。

 

個人輸入は何が起きてもすべて自己責任です。
不安な場合はクリニックで受診・処方してもらった方が良いでしょう。

 

フィナステリドの効果と副作用について触れてきましたが、
フィナステリドの副作用が怖い方や、彼女と一緒に暮らしている方・奥さまがいる方は
女性が触れてはいけないリスクを考えると、フィナステリドの服用は難しいと思います。

そんな方は、健康な髪の毛にとって必須の栄養素をとって
身体の内側から、健康な髪の毛が生えてきやすい環境を整えてあげることを意識しましょう。

5αリダクターゼを抑制する天然成分のノコギリヤシや亜鉛が配合された
育毛目的で選ぶ亜鉛サプリ厳選3点をまとめているので、ご覧になってみて下さい。