若ハゲ・生え際の後退・頭頂部の後退の大敵である
AGAとはいったい何なのか?どんなメカニズムなのか?
そしてその対処方法について説明していきます。

AGAとは?

AGAとは男性型脱毛症と言います。

生え際が後退しておでこが広くなる・頭頂部の髪の毛が薄くなるなど男性特有の症状で
成人男性に多くみられます。

身体の健康状態や年齢に関係なく、若ハゲ・生え際の後退・頭頂部の薄くなるなど
抜け毛が進行して薄毛が目立つ症状です。

薄毛の原因がAGAであった場合、市販の育毛剤やシャンプーを変えるだけでは効果が薄く
そもそも根本的に薄毛に対するアプローチが違います。

よりAGAに対する専門的なアプローチを施し、症状を改善していく必要があります。

AGA発症のメカニズム

生え際が後退する・頭頂部の薄毛が目立つなど男性型脱毛症と男性ホルモンには密接な関係性があります。

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモン(テストステロン)が
薄毛の原因とされているDHT(ジヒドロテストステロン)に変換される事によって発症します。

つまり男性ホルモンの増加や男性ホルモン自体は薄毛の直接的な原因ではありません。

男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまう事が薄毛の原因になります。
まずは、この違いを頭の中に入れておく必要があります。

なぜ男性ホルモンがDHTに変化するのか?

先ほど男性ホルモン自体が薄毛の直接原因ではなくDHT(ジヒドロテストステロン)
薄毛の原因と説明しました。

ではなぜ、男性ホルモンがDHTに変化するのか?
それは5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンをDHT(ジヒドロテストステロン)に
変換
させる働きがあるからです。

5αリダクターゼには1型と2型が存在していて
1型は皮脂腺に多く存在していて、2型は毛乳頭に多く存在しています。

つまり、5αリダクターゼが男性ホルモンをDHTに変換する事によって
生え際の後退・頭頂部の薄毛といったAGA(男性型脱毛症)が進行していくのです

強烈な脱毛指令を出すDHT(ジヒドロテストステロン)

AGAが原因による脱毛症の最大の恐怖は、健康な髪の毛まで脱毛させてしまう事にあります。

髪の毛には本来細胞分裂を活発に繰り返すヘアサイクルがあり
「成長期」「後退期」「休止期」と3つの分かれます。

ですが、男性ホルモンが5αリダクターゼと結びついて強烈な脱毛指令を出すホルモンに変化した
DHT(ジヒドロテストステロン)が、髪の毛の成長を妨げるスイッチを入れます。

それによって髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまうわけです。
さきほど説明したように、髪の毛には3つのヘアサイクルがありますが
髪の毛がグングン成長する「成長期」の途中でDHTが脱毛スイッチをいれます。

一度脱毛スイッチが入った毛母細胞には、これ以上栄養を届ける必要がないと判断して血流が低下します。
結果として髪への栄養補給がとまり、髪の毛本来の寿命よりも早く抜け落ちてしまうのです。

昔は髪の毛がフサフサだったのに急激に脱毛が進行している場合の原因はここにあります。
また、高齢ではないのも関わらず「急に抜け毛の本数が気になりだした」「生え際の後退が気になる」
「頭頂部が薄くなったと言われる・気になる」場合も、AGAの進行が始まっている可能性が高いです。

AGAについては遺伝的要素やホルモンバランス・さDHTの感受性の高さに左右されます。

 

生え際後退・頭頂部の薄毛の原因であるAGA対策には「5αリダクターゼの抑制」が鍵

生え際の後退や頭頂部の薄毛の原因であるAGAですが
これは5αリダクターゼが強烈な脱毛ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出してしまうと説明しました。

DHTを生み出すのは男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつく事によって発生するわけですが
男性ホルモンは体を構成する上で必要不可欠なものであり、男性ホルモンの分泌を押さえようとする行為は
ホルモンバランスの崩れをおこし、体の不調・さらには体を壊す原因にもなりかねません。

代わりに、男性ホルモンをDHTに変換する5αリダクターゼを抑制できればAGAの進行は対処できます。
つまり、AGA対策にはDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出してしまう
5αリダクターゼを抑制する事鍵になります。

 

AGA発祥とメカニズム・AGA対策のまとめ

 

AGAの発症メカニズム

  • 遺伝的・体質により5αリダクターゼが生成される
  • 5αリダクターゼが男性ホルモンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変換される
  • DHTによって強烈な脱毛スイッチが入るAGA発症
  • 体調・年齢・生活習慣に関係なく本来健康な髪の毛が抜け落ちる

 

AGA対策

  1. 男性ホルモンを、強烈な脱毛指令を出すDHTに変換させる5αリダクターゼの抑制を行う。
  2. 5αリダクターゼの抑制ができればDHTの抑制ができる
  3. AGA対策は、5αリダクターゼの抑制が基本になる

生え際の後退・頭頂部の薄毛などの進行を防ぎ・さらには復活させるべく
本格的なAGA対策を行っていくなら、上記の事を頭に入れて取り組んでいく事が大切です。

>>AGA対策の基本!5αリダクターゼの抑制方法

 

 

AGAの発症メカニズムと対策方法は分かったから
効果的にAGAを改善させる育毛剤を知りたいという方は
身体の中と外からダブルの効果で「AGAの改善」を促す
私が実際に使っている育毛セットをまとめた記事があるので参考にしてみて下さい。

>>AGAを改善に導くおすすめの育毛セット体験談レポートはこちら