男性ホルモンが増えるとハゲる、薄毛になる

という噂を聞いたことってありませんか?

 

噂や憶測の域を出ない話で、ハゲや薄毛の原因にされる事が多い男性ホルモンですが、実際に男性ホルモンが薄毛の原因になっているのか?

そもそも根本的に、男性ホルモンの働きや必要性を知っておく必要があります。

 

誤解が多いので真っ先に触れておきますが、「男性ホルモンは、ハゲ・薄毛の直接的な原因にならない」と理解しておいてください

>>【更新】亜鉛配合の育毛サプリ ランキング!

 

男性ホルモンとは

男性ホルモンはアンドロゲンと呼ばれていて、数種類のステロイドホルモンがあります。

その中で生理活性が最も強いと言われているのが男性ホルモン(テストステロン)です。

男性ホルモンは95%が睾丸(精巣)、5%が副腎で合成・分泌されます。

また男性よりも少ないですが、女性もこのテストステロンを卵巣で合成・分泌しています。

 

男性ホルモンの働き

男性ホルモンには、以下のような働きがあります。

  • ひげや体毛などの成長
  • 筋肉や皮膚の元になるタンパク質の合成を促す
  • 筋肉量の増大
  • 男性器の発達・性欲
  • 精子形成

男性ホルモンとは、上記のように男性らしい体を作る上で必要なホルモンですが「薄毛が改善できるなら、別になくても構わない」と思う方もいるかもしれません。

(実際にそう思っている方も少なくありません)

 

しかし、男性ホルモンは生きていく上で必要なものであり、男性ホルモンの低下は体と精神に問題を引き起こす可能性があります。

次の項目で、男性ホルモンが低下する事によって起こる危険性を説明します。

 

男性ホルモンの低下がもたらす危険性

前の項目で男性ホルモン(テストステロン)の働きについて説明しました。

生え際や頭頂部の薄毛など、薄毛に悩む方の中には、男性ホルモンの分泌量を抑えようとする方がいますが、絶対に辞めた方が良いです。

 

男性ホルモンの低下によって招く症状に以下のような物があります。

  • ED(勃起障害)
  • 記憶力・集中力の低下
  • 抑うつ感・落胆・不安・疲労感などの精神・心理症状
  • 発汗・ほてり・睡眠障害などの身体症状

男性ホルモンの低下が招く症状ではED(勃起障害)が有名ですが、それ以外にも男性ホルモンが低下すると上記のような疾患や症状を起こす可能性があるわけです。

 

そもそも男性ホルモン(テストステロン)は「生きる活力」「生気」「気持ちの張り」など、生きていく為のバイタリティを高める働きがあると言われています。

男性ホルモンは人として前向きに生きるために必要なホルモンなわけです。

>>オナニーをするとハゲル?射精は薄毛の原因なのか?

 

現代社会は男性ホルモンが低下しやすい時代

これまで男性ホルモンの必要性について説明してきました。

生え際の後退や頭頂部の薄毛に悩んでいるからと言って、意図的に男性ホルモンの低下を招くような事はしないようにしましょう。

すでに知っている方もいるかもしれませんが、「現代社会は男性ホルモンが低下しやすい時代」と言われています。

 

理由はいくつもあって、食生活の乱れ(インスタント食品や加工食品)や、ストレスの多い社会で生活する事により男性ホルモンが低下しやすいと言われています。

ED(勃起障害)人口の増加や日本人男性の精子量が減ってきているデータもあるほどです。

 

男性ホルモンを失うと、無気力になったり精力減退やネガティブな思考になりやすくなってしまうわけです。

消極的な男性が増えている事を表した「草食男子」という言葉がありますが、これはまさに、男性ホルモンの低下が招いた象徴といえます。

 

男性ホルモンが薄毛の直接的な原因ではない

「男性ホルモン自体はハゲ・薄毛の直接的な原因にならない」と初めに言いましたが、そもそも抜け毛や薄毛の主な原因は以下のような事があります。

 

薄毛・抜け毛が進行する原因

  • 髪の栄養不足(食生活の乱れ)
  • 頭皮環境の悪化・不衛生
  • 眼精疲労
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • AGA(男性型脱毛症)

薄毛の原因は他にもありますが、主な理由は上記の事が上げられます。

>>髪の成長に欠かせない3つの栄養素

 

特に、生え際の後退や頭頂部の薄毛に悩んでいる方にとって気にすべき事は、男性ホルモンの増減よりもAGAの疑いを持った方が良いです。

AGAについては「AGAとは?」を読んでください。

 

読んでもらうと分かると思いますが、生え際の後退や頭頂部薄毛の原因は男性ホルモンではなく、男性ホルモンが変換されたDHT(ジヒドロテストステロン)が原因という事が分かります。

 

男性ホルモンの働き・必要性まとめ

  • 男性ホルモンには筋肉の増強・性欲・男性器機能の発達などの働きがある
  • 男性らしい体を作る上で必要なホルモンである。
  • 男性ホルモンの低下は、ED(勃起障害)・抑うつ感・落胆・不安・疲労感などの精神・心理症状など体だけではなく精神面での障害も引き起こす可能性がある。
  • 生え際の後退や頭頂部の薄毛の原因は男性ホルモンではなくAGAの疑いがある。

次回は

>>筋トレをすると薄毛になるという噂は、半分本当で半分嘘についてです。

 

上記では、薄毛の噂解明シリーズとして世の中で言われている薄毛の噂を検証し真実をお話ししています。

男性ホルモンが増えてハゲないか、薄毛にならないか心配というは、私が実際に使っている育毛セットを試してみて下さい。

体の中と外から育毛を促すおすすめの育毛セットです。

>>ダブルの効果でAGA改善!育毛セットの体験談レポはこちら